受験で絶大な効果を発揮する方法です!

楽しく勉強して学力を伸ばし続ける方法はこちら

引き寄せの法則で大学受験に合格できるのか?

ときどき、まとめサイトで「引き寄せの法則」が話題になっています。

引き寄せの法則というのは、「思ったことが実現する」という法則です。
「東大に合格する!」って思ったら合格してしまうってことです。

そんなバカな!と思うかもしれませんが、
意外と引き寄せがうまくいっている人の体験記や理論を見るともっともらしい気はしてしまいます。

「そんなバカな!あり得ない!」と思っている人は、「あり得ない!」と思うことが実現してしまっているのです。

そんなことを言ったら結局、自己洗脳をして合格すると心から思えないといけないってことになりますね。

結局のところ「合格する」と心から思えるためには、それなりの勉強をしないといけないでしょうし、そうしないと自信もつかないものと思います。

「精一杯努力するだけしたのだから、あとは良い方向に引き寄せられる」くらいの気持ちが1番良いのではないでしょうか。

先日、東進ハイスクールの林先生もテレビで言ってました「真剣に努力したなら、受かっても落ちてもどっちでもいい。」問題なのは、「真剣に努力しなかったけど受かってしまった人や、努力しなくて落ちてしまった人」この人たちは「自分は努力できない人間なんだ。」という気持ちを心のなかに持ちながら今後生きていくことになる。

とのことです。やるだけのことをやるってことの大切さがよくわかりるお話でした。

だからこその、「いつやるの?今でしょ!」なのですね。

楽しく勉強して学力を伸ばし続けるマニュアル

楽しく勉強して学力を伸ばし続けるマニュアル 
偏差値30台(クラスでびりから2番目)の劣等生が
東京大学に入れた受験必勝法


楽しく勉強して学力を伸ばし続けるマニュアル■商材内容■
いくら勉強しても、偏差値が上がらない・・・。
もしそんなふうに悩んでいるなら、今の偏差値が30であっても40であっても、駿台模試で60超えになる方法をお伝えします。
1日わずか15分「あること」をするだけで、半年もあれば、東大でも早稲田でも志望校に合格してしまう方法があったとしたら、あなたは今すぐ試してみたくありませんか?


【感想】

著者の安田さんとはお会いしたことがありますが、
とても物静かな方で、普通の優しいおじさんといった感じでした。

でも・・・お話を伺ったら、なんと東大を卒業しているとのこと!
そして、今では自分の好きな仕事をして年収1000万円以上!

やっぱ、東大でた人はすげー!
ってか、安田さんすげー!って感じでした。

そんな安田さんの開発した勉強法を実践することで、
やる気を極限まで引き出せるため、勉強が全く苦ではなくなります。

受験勉強をするのに必要なのは、なんといっても勉強することです!
間違いなく、天才じゃない人で良い大学に入ろうと思ったら勉強することが必要です。

私の叔父は九州大学の大学院を出ているのですが、
高校の頃に「東大行った奴は、1日12時間くらい勉強してるぞ!俺は8時間くらいしかやってなかったから東大行けなかったんだよな・・・」と言われました。

私は『やばい、そんなに勉強しないといい大学に行けないのか・・・』

と思って、1日8時間くらい頑張って勉強してみたら、
なんと学年で400人中50番くらいだった成績が、18番まで上昇!

おー、やっぱ勉強すれば成績上がるんだ!と実感。
勉強すればしただけ実力(学力)が伸びるため、ますますやる気になります。

と思うでしょう?

私の場合、それ以降勉強するのが嫌になってしまい、
また元の成績に戻ってしまいました(泣)

受験生が第一志望校に行けなかったり、何年も浪人したりする大きな理由は、
学力の伸びが途中で止まってしまうことと、やる気が持続しないことです。(特に浪人生)

そうなんです、勉強するモチベーションさえあがれば、
どんな人でも、かなり高い確率で難関校でも行けるはずなのです。

安田さんのやり方はやる気を最大限に引き出し、
学力の伸びをどんどん加速して行けるノウハウです。

一度覚えたら、忘れない記憶術も含まれています。
学力の伸びが止まる本当の原因を知り、学力を伸ばし続け、
余裕を持って第一志望校や資格試験に合格できる方法を知りたい方は
ぜひ、下記より詳細をご覧ください。

楽しく勉強して学力を伸ばし続けるマニュアル 
偏差値30台(クラスでびりから2番目)の劣等生が
東京大学に入れた受験必勝法


詳細はこちら!

【PR】今すぐお金を借りたいキャッシング キャッシング即日振込 インフォトップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。